メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

障害者だけが働く特例子会社とは?そこは働きやすい企業なのか?

黒板にカラフルなWHATの文字


多くの障害者が働く特例子会社という会社があります。健常者が管理職を務めることがありますが、障害者が多いだけあって働きやすいイメージはあります。法定雇用率達成の目的の側面もある、この特例と呼ばれる特例子会社についてお伝えします。

 

 

 

特例子会社とは

会社がある程度の従業員人数に達すると、障害者を雇い入れましょうとなり、それができないとお金を納めることになります。簡単に伝えるとこれが法定雇用率です。大規模な会社になるとたくさんの人が働いているので、多くの障害者を雇う必要がでてきます。

ただ、障害者を受け入れる環境や設備がなかったり、受け入れ体制がない会社もあり、そこで、管理者は健常者だけど障害者だけの子会社を作ってしまおう、これが特例子会社(以下、特例)です。

 

多くの障害者が働く

特例で働くメリットとしては、自分と同じ障害者が働くので自分だけが障害者という孤立感がありません。その反面、他の障害を持った人と関わる必要は、一般企業よりも多くあり自分は障害者だけど、他の障害を持った人と接するのは苦手という人には特例で働くのは難しいかもしれません。

障害者だからといって、自分だけ配慮をもらって働くということは、ここでも通用しないことです。協調性や他者を思いやる気持ちと行動が必要になってきます。

 

特例の仕事内容

仕事内容は、管理部門での補助的な業務であったり軽作業的なことが多く、高賃金を望むことは難しいですが、その反面、合理的配慮をもらえたり、残業が少ない、休日出勤がないなど非常にストレスが少ないソフトな働き方ではあります。

イメージとしては、特例は就労継続支援A型と一般企業、またはA型とサテライトオフィスとの中間的な位置付けと考えると良いかもしれません。

 

特例の求人の探し方

特例の社名はわかりやすく、○○ハートフルとか××サポートなどで、求人を多く見聞きしていると、社名を聞けばなんとなく特例ではないかと想像できるようになります。

もし、実際に特例の求人を探すのであれば、ハローワーク検索で「特例」「特例子会社」などのキーワードで検索したり、求人サイトのインディードで同じような方法で検索すると見つかることもあります。

ボクは以前にこの特例にお世話になったことがありますが、非常にゆっくりした環境で働くことができました。ただ、障害者雇用だけあって、やりがいを求めるのは難しかったです。今思えば、やりがいは与えられた仕事の中から見つけ出せばよかったのですが。

 

まとめ

  • 特例は、法定雇用率を達成することを一つの目的とした会社です。
  • 特例では、多くの障害者と関わりを持つことが当然と思って下さい。
  • 特例の求人は、特例子会社や特例などのキーワード検索をすることです。