メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

仕事で楽しかったこと?その答えがあれば長期継続就労できます!

カラフルなENJOYの文字


仕事はつまらないものであり、特に障害者雇用の仕事は単調単純作業で面白みがありません。しかし、仕事に対して面白みを見つけることにより、面接担当者の仕事で一番楽しかったことへの質問に答えることができます。

 

 

 

仕事はつまらない

仕事はつまらないものであり、はっきり言って楽しみを見つけられない人もいますが「仕事で一番嬉しかったことは何ですか?」面接でこのような質問を投げかけられることがあります。これは、どんなことにやりがいを感じているのかを確認する質問なので、できれば面接担当者が納得できる回答をしたいものです。そもそも障害者求人の多くは、やりがいが強く感じられる花形職業ではなく地味な仕事であり、この地味な仕事にやりがいがあるのかと思うかもしれません。

 

面白みを見つける

しかし、単純作業であっても、目標を決めて達成できたこと、仲間と一丸になって取り組んだこと、職場で良きライバルがいて常に競争していたこと、または尊敬できる上司の下で仕事に貢献できたことなどがあります。

好きでもない作業をやり続ける中で、このようなやりがいや楽しさを見出せるということは、どんな仕事を与えてもきっとこの人であればやり続けてくれると思われます。

 

長続きしてくれるか

この質問の意図というのが、面白みのない障害者雇用の仕事に対して楽しさを見つけることができ、長続きしてくれるかの確認になるのです。そして、この質問に対する回答の締めくくりとしては、「最後まで諦めずに達成できたことが、自分の良い教訓となっています。」とすることで、面接担当者には、仕事に楽しみを見つけた応募者であれば、長続きしてくれるということがきちんと伝わるでしょう。

 

まとめ

  • 多くの障害者雇用の仕事というのは、面白みのない仕事です。
  • 障害者雇用の仕事であっても、面白みを見つけてアピールします。
  • 長く働けるかどうかは、仕事が楽しいかどうかも関係します。