メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

就労継続支援A型・B型や就労移行支援事業所の通所歴は伝えるのか?

HISTORYの木のブロック


就労継続支援A型やB型、移行や就労移行と呼ばれる就労移行支援事業所などの通所歴は、応募先に伝える必要があるのかないのかで悩まれている方は多いかと思います。しかし、この答えは人それぞれの経歴により伝えても伝えなくても構いません。

 

 

 

基準はない

就労継続支援A型事業所(以下、A型)、就労継続支援B型事業所(以下、B型)、就労移行支援事業所(以下、移行)の通所歴を応募書類に記載するかしないかで悩む人は多く、なぜ悩む人が多いのかというと、これらの通所歴を職歴とするかしないかの明確な判断基準がないからです。

もちろん、嘘をつくことは宜しくありませんが、応募先から指示がなければ、履歴書や職務経歴書などの応募書類は、絶対にこのように書かなればいけない、また面接では絶対にこのことを伝えなければいけないという決まりはありません。

そのためA型、B型、移行の通所歴は、その人それぞれの職歴とアピールの仕方により記載した方が有利であれば記載する、記載しない方が有利であれば記載しないということで構いません。

 

具体的な記載方法

一般就労などの職歴が多すぎる場合は、転職回数の多さが目立つので、A型、B型、移行の通所歴を記載しない、逆に一般就労などの職歴が少ない場合には、ブランク期間を少なく見せる為にも、通所歴を記載するような考え方で構わないのです。

仮にA型、B型、移行をそれぞれ複数利用しているのであれば、障害福祉事業所通算○年通所というように、全てまとめて記載してしまう方法でも構いません。また、A型、B型、移行をそれぞれ分けて、就労継続支援A型事業所通算○年通所、就労継続支援B型事業所通算○年通所、就労移行支援事業所通算○年通所とすることやA型、B型だけをまとめて就労継続支援事業所通算○年通所とすることも問題ありません。

 

ケースバイケースが結論

A型、B型、移行の通所歴をどう伝えるかは、その人の経歴によりケースバイケースになってくるというのが結論となります。自分の経歴と応募する仕事内容とを踏まえて、どのように応募書類を作成すれば、採用に近づくのかをきちんと考えて応募書類を作成し、かつ面接で伝えることが重要です。

採用されることが目的であるので、支援事業所の通所歴の中にアピールできるものがあれば応募書類に記載し面接で伝え、アピールできない通所歴は通算としてまとめてしまうか、そもそも記載しないようにすることです。ただし、面接担当者に聞かれたら正確に伝えることは当然のことです。

 

まとめ

  • A型、B型、移行の通所歴を、伝える伝えないは有利不利で考えます。
  • A型、B型、移行の通所歴を、伝える伝えないは人それぞれです。
  • A型、B型、移行の通所歴は、面接担当者に聞かれたら正確に伝えます。