メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

小さな会社を軽視していませんか?どんな求人でも変わらぬ熱意!

グレーの背景にPOINTの文字


就活者の中には、小さな会社だからといって余裕で採用されるだろうと、小さな会社を軽視している人がいます。その結果、就活が雑になり不採用になることがあります、どんな応募先であっても、しっかり熱意を持って応募することです。

 

 

 

求人には色々ある

求人の中には、上場企業や一流、大手企業のように大きな会社もあれば、規模の小さい会社もあります。障害者求人を出す会社であれば、規模の大きな会社が多いのですが、一般枠に手を伸ばすと規模の小さい会社はたくさん出てきます。

就活者の中には、大きな会社への応募に対しては応募障害を第三者に見てもらったり、模擬面接などの対策を神経質な程に行う反面、小規模な会社に対しては、そのようことがおろそかになることがあります。すなわち、小規模な会社のことを舐めてかかっているのです。

 

応募先に熱意を伝えること

会社を舐めることにより、企業研究もおろそかになるためありきたりな志望動機になる人もいます。結果、応募先にはどんなに素晴らしい経歴や資格があっても、何か魅力が感じられなくその応募者に対して惹かれることがないのです。

応募先は、応募の段階から強い熱意を示してくれる応募者が好きなのです。このことを理解し、会社規模に惑わされることのないようにすることです。この程度の会社なら、どうせ受かるだろうという考えが通じるほど就活は甘くないのです。

 

会社をランク付け

応募者が応募先を舐める理由には、会社のランク付けをしていることがあります。二部上場よりは一部上場の方が上、従業員数が多い方が上などと順位を決めてしまい、その順位が上がるにつれて熱意が変わる傾向があるのです。

待遇面から大きな会社の方が良いという考えの人は多くいるかもしれませんが、大切なのは、会社の規模ではなく、どんな仕事をしたいか、どんな環境で働きたいかです。まずは自己理解をして自分が長期継続就労できる仕事を探すことです。

 

まとめ

  • 会社の規模によって、熱意を変えることのないようにします。
  • 会社の規模によって、会社をランク付けしないようにすることです。
  • 会社の規模に惑わされずに長期継続就労できる仕事に就くことです。