メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

採用の基準が緩和されていて内定をもらいやすい求人があります!

黒板にびっくりマーク


求人の中には、今すぐに人材が欲しい、大急ぎで募集をしているという急募求人があります。この急募求人は採用されやすいという、応募者にとって非常にメリットのある求人ではありますが、早急な入社が求められます。

 

 

 

採用計画を立てない求人

人材を採用する場合に採用する側は、基本的に採用計画を立てます。現在いる従業員がいついつ付けで退職するのでその補填要員や、4月に新卒が大勢入社するので、下がってしまう障害者雇用率の修正人員の募集として採用計画を立てて募集をします。

しかし、まれに従業員がいきなり辞めてしまう、また近日中に辞めてしまうことがある場合に、悠長に採用計画などといっている暇はなく、今すぐ人が欲しい、良い人がいれば即採用、そんなケースがありこれが採用されやすい求人である急募求人です。

 

採用の基準を緩和する

人材がすぐに欲しいので即入社が求められるケースありますが、採用する側は採用のハードルを下げることがあります。採用のハードルを下げるとは、普段なら採用する人に100の能力を求めているけど、80位の能力でも構わないということで、具体的には年齢制限や経験年数の緩和などがあります。

また、応募書類が採用担当者に届いた翌日には面接、面接で採用が決定されることがあり、非常にスピーディーにことが進みます。

 

急募求人は早い者勝ち

急募求人は、たまにしかお目にかからないレアな求人であり、それだけ人気求人になる傾向がありますので、ある意味早い者勝ちでもあります。悩んでいたらすぐ他の人の採用で決まってしまうので、決断力や行動力、フットワークの軽さが求められます。

急募求人対策として、事前に応募書類のベースを作成しておくこと、小まめにハローワークで求人検索をする、応募書類は必ず速達で応募する、また、先方が了承すれば手渡しという手段もありえます。

 

まとめ

  • 急募求人とは、良い人がいれば即採用という求人です。
  • 採用側は応募者の選考のハードルを下げる傾向があります。
  • 即入社などの条件が提示されます。