メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

広く浅くではない!狭く深い人との関わり合いを伝えることです!

黄緑背景にPOINTの文字


面接において他の人との関わりを伝える際には、広く浅い関わりよりも、深く狭い関わりを伝えます。そもそもなぜ人との関わり合いを話すのかというと、そこから協調性、社会性、コミュニケーション能力の有無がわかるからです。

 

 

 

人との関わり合いとは

では、どうやって人との関わり合いを話すのかというと、例えば、以前にとてもお世話になった上司がいて、今でも困った時にはアドバイスを頂ける関係になっていることや、以前の職場の同僚と今でも交友関係を持って、月に一度は外食をしてお互いストレス発散をしているなどです。

そして、この上司や同僚となぜそのような関係になれたのかを伝えることによって、面接担当者は、仕事においての人との関わり方を見極めることができます。なぜ、このことが大切かというと、会社で働くということは一人で仕事をするのではなく、他の人と共に仕事をすることなのです。

 

働く上で求められるもの

他の人と共に働くということは、当然、協調性、社会性、コミュニケーション能力などが求められ、そのことがあることを他人との関わりのエピソードとして伝えるのです。このことを伝えられないと、面接担当者からは、この応募者は人と接するのが苦手であり、入社しても周囲とうまくやっていけないのではと思われてしまいます。

仕事経験がない人であれば、就活中にお世話になっている支援者や相談者でも構いません。また、伝える際にもストーリー性を持って話すことにより面接担当者に良い印象を与えます。

 

働くということは

結局、組織に限らず働くということは、人と関わりを持って行くことなるのです。例えフリーランスとして一人で働くといっても、お客様という人間を相手にする以上関わり合いが必要になるのです。

人間関係を希薄にしてしまう人もいますが、せっかくの人と人との繋がりを大切にする生き方も良いかと考えています。

 

まとめ

  • 広く浅くよりも、狭く深い付き合い方をアピールします。
  • 人との関わり合いから協調性などを伝えることができます。
  • で働くということは、人との関わり合いがとても大切です。