メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

【最難関の圧迫面接】採用される見込みのある応募者に行われる!

圧迫面接のイメージ


面接で一番嫌なことというのが、面接担当者の高圧的な態度や意地悪な質問などのいわゆる圧迫面接ではないでしょうか。しかし、この圧迫面接というのは、採用される見込みがある応募者に対して行われるのです。

 

 

 

圧迫面接とは

面接をしていて順調な流れの中で、突然、面接担当者が意地悪な質問を始める、根掘り葉掘り聞いてくる、威圧的に反論してくる、明らかに上から目線になることがあります。これが世間で言う圧迫面接であり、応募者のストレス耐性や本音を見るために行われると言われております。

圧迫面接に対しては多くの応募者が嫌だと考えていまが、圧迫面接をしてもらった方が応募者にとってはかえって好都合と考えるべきなのです。

 

圧迫面接にはきちんと答える

その理由というは、面接担当者もどうでもいいことに対して圧迫面接はしません、応募者のどうして気になる点を改めて確かめたい、その手段として圧迫面接をするのです。

短期離職が多々ある応募者に対しては「また、すぐ辞めちゃうんじゃないの」就労経験が少なければ「社会経験が少ないけど大丈夫」などと痛いところ突かれる質問をします。そこでおじけづくことなく、面接担当者が納得できる回答をきちんと伝えることが大切です。

 

圧迫面接を嫌がらない

自分の一番の弱点、聞かれたら困る点が、採用担当者が一番気になるポイントということを理解して、完璧な回答を用意し、その質問では圧迫されるという心構えで臨みましょう。

面接担当者としても、しっかりした対応で答えてくれれば、それを役員や社長に伝えてあなたの採用の後押しをしてくれるはずです。ささいな嫌な質問に対して、圧迫、圧迫と嫌がらずに前向きに採用の見込みがると思うことです。

 

まとめ

  • 面接担当者の意地悪な質問や深堀されるなどが圧迫面接です。
  • 圧迫面接の意味は、応募者のストレス耐性を確認することです。
  • 圧迫面接されるということはそれだけ採用も近いということです。