メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

メンタルの安定!求職活動中であることは家族に伝えることです!

パンダとfailyの文字


求職活動中とは非常に大きなストレスがかかります。そのため、他のストレス要因になることを徹底的に軽減することが望ましいです。そこで、必ず家族には就活中であることを伝え、余計な小言を言われないようにすることです。

 

 

 

無職は肩身が狭い

求職活動中に余計なストレスを受けないためにも、家族には、自分が求職活動中であることをきちんと伝えて、理解を得るようにしておく必要があります。求職活動だけに専念しての生活というのは、実際、無職という状況であることが多く、家族と同居している人は肩身が狭く、家族はあなたの生活にあまり良い顔をしないかもしれません。

家族は心配し口うるさく

「いつ働くの」

「まだ仕事は決まらないの」

とあなたに言うことがあり、結果、あなたはイライラしてしまい最悪、体調を崩すかもしれませんし仕事も適当に決めてしまうかもしれません。

 

理解してもらう

ただでさえ気分の浮き沈みのある求職活動において、こうならない為に何をするべきか、それは家族または同居人に求職活動をするので長期間無職になること、それを理解してもらうことです。

それだけで家族からのプレッシャーやストレスは無くなり、就活に専念できます。家族と顔を合わせたくないから日中は必ず外出してしまい、金銭面がひっ迫することもないでしょう。

 

できることはやろう

ただ、自宅にいる時間何もしなくても良いということはありません、気晴らしにもなるので家事をするなど、できる限りのことは行いましょう。その結果、面接でブランク期間について聞かれた場合に、単に求職活動をしていました、だけでなく家のことはできる限りやるようにしていました、と言えることができます。

家族や同居人に理解を持ってもらうには、日頃から良好な関係を築いておくことが大切です。求職活動中であると、家族は心配しあなたに干渉してきます。それが、ストレスとなり体調を崩すことになりかねないので、求職活動中にことを理解してもらう必要があります。

 

まとめ

  • 求職活動中あることを家族にはきちんと伝えます。
  • 家族に伝えることによってストレス軽減につながります。
  • 求職活動中には家事をできるだけやるようにします。