メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

逆質問は無意味な質問をして面倒な存在だと思われないことです!

逆効果の文字


面接とは限られた時間で、面接担当者がどんな会社なのか、そして応募者がどんな人間なのかを伝え合い、最後の逆質問では、どうしても気になることを質問しますが、この時にどうでも良い無意味な質問を決してしないようにすることです。

 

 

 

無意味な質問とは

より深く企業研究をしていく中で多くのことを知り得た結果、専門性の高いことを面接で質問することによって、面接担当者から評価されるのではないかと考える応募者もいます。しかし、この行為は加点にはなることは少なく、例えば、人事部の一般事務職の応募者が、

「御社はICOをについてどうお考えですか?」

とか

「今後、増資をすることはありますか?」

などの質問をするようなことです。

 

自分に関係のある質問をする

自分が志望する仕事に関わりのある事であれば、当然、質問をして問題はありませんが、この場合、面接担当者からは人事部の一般事務職の仕事にICOや増資の何が関係あるのか?と思われます。

または、面接担当者から「その質問の意味する事は何ですか?」と逆に尋ねられた場合にきちんと自分が応募する仕事との関連性を説明できればまだ、救いはありますが、最悪、入社してから面倒な存在になるのでは?とマイナス評価につながる可能性さへあります。

 

入社するかしないかの質問

本当にそれらの専門用語に精通して、面接官と会話が弾むことができるのであれば良いのですが、情報量の多い面接官の話についていけない自体になっては困ります。面接には下手に背伸びせずに等身大でのぞむことが良く、それが面接の本質である、私はこんな人です、と伝える大切さでもあるのです。

この面接の本質とも言える、私はこんな人です、ということを忘れることなく本当に自分が入社するかしないかで疑問に思うことを質問とすることです。

 

まとめ

  • 面接で自分にとって無意味な質問はしないことです。
  • 面接担当者から面倒な存在と思われないことです。
  • 面接では私はこんな人です、ということを伝えることが大切です。