メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

【面接においての運】ノウハウやテクニックでは対応できない!

カラフルなPOINT!の文字と色鉛筆


面接で実際に面接担当者と会えば、それは人と人との出会いであり全ての出会いがステキなものではありません。中にはどうしても相性が合わない出会いもあり、面接ではこのようにどうしようもないこともあるのです。

 

 

  

面接には運要素がある

いくら就活ノウハウやテクニックを手に入れても、どうしようもないこともあります。いわゆる運要素です。

面接担当者も人間です。人間であれば正確な判断ができないことがあり、応募者の判断基準にズレが生じてしまうこともあるのです。それはどのようなことかというと、例えば、面接担当者が生理的に受け付けない応募者であったり、自分の前にどんな応募者が面接したかです。

 

面接担当者も人間

応募者を生理的に受け付けないということは、面接においてあってはならないことですが、面接担当者も人間である以上、そのようなことは起こり得ます。応募者もまた、この面接担当者とはなんか合わないなと思うこともあります。

そして、自分の前にどんな応募者が面接したかというのは、仮に、どうしようもなくダメな応募者だった場合、次の応募者は高い評価になる傾向があり、すごく優秀な応募者の次の応募者は低い評価になる傾向があるのです。当然と言えば当然のことです。

 

面接の順番は決められない

面接の順番を応募者が決めることはできませんので、この場合どうすればいいのかというと、面接で十二分にできることを発揮するしかありません。面接に運要素がある以上、ダメな時はダメなのです。

しかし、運要素があるからと言っても、面接において十分実力を発揮することによって、確実に面接担当者からの評価は上がります。せっかく、書類選考をくぐり抜け面接までたどり着いたのだから、運要素などに負けずに精一杯励むことです。

 

まとめ

  • 面接では、自分の前の応募者によって評価が変わることがあります。
  • どうしようもない、運の要素というものがあります。
  • 運の要素があっても、全力を尽くすことです。