メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

傾聴スキルを面接では使う!基本的なコミュニケーションスキル!

Communicationの文字


面接だけではなく、働く上で求められるスキルの上位にコミュニケーションがあります。このコミュニケーションを上手くさせるコツというのが、傾聴スキルを使うということです。この傾聴スキルについてお伝えします。

 

 

 

傾聴スキルとは

普段、誰かと会話をしていて、相手が笑顔になったときにはこちらも釣られて笑顔を出し、相手が真剣な表情の時にはこちらも真剣な表情になって会話をします。この相手と同じ表情をすることによって、相手は安心感を得ることができ、いわゆる傾聴スキルを使っているということです。

傾聴スキルとは、相手の話に合わせてのうなずき、相槌、同じ表情をする、相手と同じスピードで話しをするなどです。

面接でも同じことで、基本的に面接担当者が笑顔を出したときには、当然こちらも笑顔で受け答えし、真剣な表情のときには、同じくこちらも真剣な表情で受け答えします。このようなことで面接担当者には安心感を与える他にも、コミュニケーション能力があることを伝えることにもなります。

 

コミュニケーションとは

コミュニケーションには、会話や文字でのコミュニケーションであるバーバルコミュニケーションと言われる言語コミュニケーションと、顔の表情や身振り手振りなどのノンバーバルコミュニケーションと言われる非言語コミュニケーションがあります。

面接というと言語コミュニケーションだけだと思いがちですが、非言語コミュニケーションもとても関わっています。この非言語コミュニーションが傾聴スキルということです。

 

安心感や好印象を与える

上手く話すことができなくても、傾聴スキルを使うことによって、苦手であるコミュニケーションを上手に伝えることができます。

しかし、面接担当者が話しをしているのに、それに応募者が傾聴スキルを使わず全く反応しないと、面接担当者はその応募者に対してストレスを感じてしまい採用は難しいと言えるでしょう。このようにならないためにも、面接では傾聴スキルを使って面接官に安心感や好印象を与えることです。

 

まとめ

  • 面接では傾聴スキルを使います。
  • 面接では、ノンバーバルコミュニケーションも重要です。
  • 傾聴スキルを使うことで面接担当者は好感を得ます。