メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

履歴書はどうやって作成すればいいのか?履歴書の左側の作成方法

LEFTの文字


履歴書をパソコンで一から作成する方法がわかならい。もちろんネット上にある履歴書をダウンロードして使ってもいいのですが、それが自分自身をアピールできる履歴書になるとは限りません。そこで、今回は履歴書の左側の作成方法をお伝えします。

 

 

 

履歴書の左側は絶対に間違ってはならない

履歴書の左側には、氏名や連絡先、学歴、職歴などの応募先へ必ず伝える必要のある、応募者の基本情報が詰まっています。応募書類自体に記載間違えや誤字脱字はあってはいけませんが、特にこの左側の項目は間違えのないように注意しましょう。

仮に連絡先の記載を間違えてしまうと、面接や採用の連絡がこないことになり不採用になることもありえます。それでは図に記載の赤字ナンバーを元に各項目を解説していきます。ちなみにこの履歴書は、JIS規格履歴書を多少変化させた履歴書です。

 

履歴書の左側

 

1.この書類が履歴書であることと、履歴書が何枚ありその何枚目か

履歴書をパソコンで作成した場合には、多くの方がA4サイズの普通紙2枚で作成するかと思います。そして完成した書類が履歴書であることの「履歴書」という名称と、2枚中の何枚目かを明確にしますので「履歴書 1/2」と記載します。

 

2.日付

基本的に、応募書類を郵送する場合は投函日、メールで送信する時はメール送信日、直接持参する場合は持参日となる先方に渡す日付を記載します。

 

3.証明写真

サイズについては横幅が2.4㎝から3㎝、縦が3.6㎝から4㎝とされていますが、カメラ屋さんなどで撮影するときに、履歴書用と伝えれば問題なくサイズを合わせてくれます。

また、3ヶ月以内に撮影したものであり、カラーが好ましく、服装については男性は白のワイシャツとネクタイで女性は白のブラウス、そしてどちらもリクルートスーツ着用が良いでしょう。万が一写真が剥がれたことを想定して、写真の裏には名前を記載しておくのが無難です。

 

4.ふりがな(氏名)

氏名のふりがなを記載しますが、ふりがなの表記が平仮名であれば平仮名で、カタカナであればカタカナで記載し姓と名の間は空けます。

 

5.氏名

自分の名前を記載しますが、全ての文字を詰めるのではなく、姓と名の間にひとマス入れてどこまでが姓でどこからが名であるのかをわかるようにします。

漢字については、戸籍通りの正式な文字や漢字を記載します。例えば、正式名が「齋藤」であるのに「斉藤」とする、正式名が「渡邊」であるのに「渡辺」とすることのないようにします。

 

6.生年月日

自分の生年月日を記載しますが、いきなり年から記載するのではなく、左端には西暦か元号を記載し西暦表記であれば西暦年、元号表記であれば和暦年を記載します。

 

7.年齢

[2.日付]の時点での年齢を満何歳なのかで記載します。

 

8.性別

戸籍に記載のある性別を記載します。元々「男・女」の記載がある場合には、該当箇所に○をつけます。エクセルで作成する場合は、挿入タヴから図形の○を選択して該当箇所に○をつけます。

このときに丸をつけるのではなく、男性なら「男性」、女性なら「女性」と記載しても構いません。

 

9.ふりがな(現住所)

現住所のふりがなを記載しますが、ふりがなの表記が平仮名であれば平仮名で、カタカナであればカタカナで記載します。この際に[4.ふりがな(氏名)]は平仮名だけど、こちらの現住所はカタカナということのないように両方統一します。

また、ふりながは地名の漢字だけで、郵便番号や数字、ハイフン、カタカナの集合住宅名や部屋番号には記載しなくても構いません。

 

10.現住所

都道府県名から記載し、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合には、その集合住宅名も略さずに記載します。

 

11.電話(自宅)

自宅の固定電話番号を市外局番から記載します。その下の(  方呼出)欄については、携帯電話も自宅に固定電話もない環境の場合に記載します。

例えば独身寮やシェアハウスなどに住んでいて、管理人などの呼出で対応してもらうケースの人が、その呼出してくれる人の名前を記載する欄になります。

 

12.メールアドレス

応募先との電話以外の連絡手段になる可能性があるのがメールアドレスです。会社用のメールアドレスではなく、個人用のフリーアドレスや個人の携帯電話のアドレスを記載します。

エクセルにメールアドレスを入力すると、青文字になりリンクの設定がされてしまいますので、右クリックのメニューでハイパーリンクの削除をしておくことです。

 

13.電話(携帯電話)

会社用ではなく、応募先と連絡が取れる個人の携帯電話番号を記載します。応募先は自宅の固定電話よりも携帯電話に連絡するケースが高く、そのため就活中においては留守番電話サービスに加入しておくのが無難です。

 

14.年月(学歴・職歴欄)

学歴では入学年月や卒業年月、職歴では入社年月や退職年月を記載します。続けて同じ年や月の場合はどうするかという疑問がありますが、この場合、それぞれの欄には同じ年や月を記載しても、空白として記載しなくても構いません。ですが、履歴書全てにおいてその記載方法を統一する必要があります。

 

15.学歴

古い学歴から記載し、全体を通してこの学歴欄は3行か4行で収めるようにします。義務教育卒業後に高等学校を出て大学や専門学校を卒業した場合は、中学校卒業、高等学校卒業、大学もしくは専門学校入学、そして大学もしくは専門学校卒業の4項目とします。

中退や編入、転校などでどうしても4行で収まらないのであれば、4行以上でも構いませんが、何行にもおよぶ場合には、主となる学歴だけを記載し学歴詳細として別紙に記載しても構いません。

高等学校卒業が最終学歴となるのであれば、中学校卒業、高等学校入学、高等学校卒業の3項目で問題なく、どのケースであれ基本的に幼稚園や保育園、小学校についての記載は不要です。

各学校名についても私立や市立などの正式名称から記載し始め、学科や学部、選考コースなども含め、中学や高校も略さず中学校や高等学校とした正式名称で記載します。学校名の記載が終わったら、ひとマス入れて入学または卒業などと記載します。

 

16.職歴

時系列で古い職歴から記載します。(株)などとは略さずに株式会社と記載し、正式な社名の記載をして、それが終わったらひとマス入れて入社と記載します。入社行の次の行の先頭にひとマス入れてから、その会社での所属や主な職務を記載します。

次の行の先頭に同じくひとマス入れてからシンプルに退職理由を記載し、文末に退職と記載します。そのため、一社につき3行必要となりますが、入社の行の後ろにカッコで所属や主な職務を記載して一社につき2行でも構いません。

退職の表記についてですが、入社としているので退職ではなく退社ではないかと思われますが、退社ですと会社の仕事を終える意味にもなるので退職の方が適切です。仮に、退職日が決まっているがまだ在職中の場合は、退職ではなく「退職予定」と記載します。

職歴の記載が終わったら、職歴の下の行に現在の年月として[2.日付]の年と月を[14.年月(学歴・職歴欄)]欄に記載し、[16.職歴]の退職について記載した行の下に、「現在に至る」と記載します。そしてその下の行には右揃えにして「以上」と記載して終わりです。

 

その他

一人暮らしをしているなど実家とは別に暮らしているのであれば、[12.メールアドレス]の下に実家の住所を、13.電話(携帯電話)の下に実家の連絡先自宅電話番号を付け加えます。

 

 まとめ

  • 履歴書の左側は、重要情報の集まりなので間違えないようにします。