メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

求職活動をすることは必ず事前に家族や主治医に伝えることです!

NGの白いキューブ


やっとのことで内定をもらったとしても、それに対して全ての人が賛成をするとは限りません。その人というのは、主治医や家族です。そうならないためにも、求職活動を始めるタイミングで支援者や家族には伝えることです。

 

 

 

就職を反対するケース

主治医や家族に求職活動をすることを伝えることは必要なことであり、そのタイミングと言うのは、しようと思い立った時点です。求職活動をしている人は、そのことを家族や主治医にきちんと報告しているのでしょうか。していれば何の問題はないのですが、していないと後々大変なことになるかもしれません。

どういうことかと言うと、いざ内定が出た時に家族や主治医にそのことを話してみて、主治医が応援しますというスタンスであれば良いのですが、中には、それはよろしくないと言うケースもあるのです。

 

始めるタイミングで伝える

家族の場合、特に意見が上がるのが結婚をしている人のパートナーが反対するケースで、収入が落ちる転職になるとその傾向が考えられます。また、主治医が反対する場合は、まだフルタイム勤務で働ける体調ではない、またはまだ一般枠では難しいと判断するケースです。

せっかく内定までもらって周囲から反対されるのは本人としては全く面白くないので、そうならないためにも求職活動はしようと思った時点で伝えることです。

 

ボクのケース

以前、ボクは、主治医に求職活動のことを全く相談せず、勝手に自分でハローワークを利用して内定を頂きました。内定後に主治医に伝えたところ、就職はまだ速いと言われて泣く泣く辞退したことがあります。

辞退させられた理由はよく覚えておりませんが、社会性の低さが原因だったかもしれません。このようなことがないように、必ず、周囲の支援者や関係性の高い人には事前に伝えることです。

 

まとめ

  • 求職活動をしようと思ったタイミングで主治医や家族には伝えます。
  • 反対される理由には、生活のことや体調のことなどがあります。
  • 内定をもらってから主治医に就職を止められるケースがあります。