メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

面接の緊張を事前に解消するために「わからない」を少なくする!

不安のイラスト


面接で緊張する理由の一つに、歳の離れた面接担当者の存在が挙げられます。これを解決するには、当時の不安となる「わからない」を事前になくすこと、そして、多くの面接担当者の年代と思われる層に免疫を作っておくことです。

 

 

 

面接が緊張する理由

面接というのはいくつになっても緊張するものです。その理由の一番は自分の将来が関わっているからです。高校、大学の入試、面接もそうだったでしょうし、お見合いなどでも緊張する人は多くいるのではないでしょうか。実際、入社意欲が低い面接で緊張する人は少ないと思います。

そしてもう一つの理由というのが、面接というのは知らないことばかりだからです。面接官がどんな人なのかわからない、面接会場がどんなところなのかわからない、面接でどんなことを聞かれるかわからない、そんなわからないことづくしのために不安になりそれが緊張として表れるのだと考えられます。

 

免疫を作る

そこで考えられる面接で緊張しない方法としては、まず、できるだけ「わからない」を無くすことです。面接の専門書を読み質疑応答をマスターしておくこと、面接会場が事前にわかっているのであれば、面接前にその会場まで行ってみること、また、面接の連絡をいただいたら、面接担当者がどのような立場なのか、またどんな役職の人なのかを聞くことも一つの手段であります。

そして、面接担当者とは見ず知らずの人なので、普段から見ず知らずの人、いわゆる他人と会話をして他人に対しての免疫を作っておくことです。その方法としては、茶話会や当事者会の集まりに参加して多くの人と接していくことが挙げられます。

 

面接担当者の多くはミドル世代

その時には、ミドル世代の方と話すことが好ましいのです。なぜかというと、ミドル世代というのが面接担当者と同等の年齢と思えるからです。会社に入れば、学生時代のように気の合う人だけと付き合うわけにはいかず、年齢の離れた人たちとも接していかなければなりません。

それが事前に身についているかいないかであれば、事前に身についている方が有利でしょう。このように、普段から見知らぬ人、特に年齢の離れた人と会話をしていくことが面接で緊張しない方法なのです。

 

まとめ

  • 面接で緊張するのは、知らないことだらけの環境だからです。
  • 事前に面接での「わからない」を解決することです。
  • 茶話会や当事者会に参加してミドル世代の方と話しをして免疫を作ります。