メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

休日はストレス発散のために趣味や仕事と無関係なことをします!

HOLIDAYのブロック


面接では、普段どんな生活をしているのかや、休日の過ごし方を聞かれることがあります。そこで、メンタル疾患者のベストな解答して挙げられるのが、ストレス発散のために何をしているのかです。

 

 

 

仕事時間以外に仕事はしない

最近は、職場の情報管理がしっかりしているので、仕事を職場外に持ち出して仕事をすることは難しくなっています。仕事を持ち出すのは、情報管理の面からいって問題行為なのでやめるべきですが、仕事のことを考えるだけなら、特に問題ではないのでついつい暇な時間に仕事関係の事を、ネットで調べてしまう人もいます。

しかし、このようなことは働き方改革やワークライフバランスが広がるなかでは、あまり好ましい行為ではありません。つい、面接で仕事熱心さをアピールするために、このようなことを伝えてしまうのはマイナスになることが考えられます。

 

オンオフのメリハリ

では、休日はどんなことをするのが良いのかというと、それは日々のストレス発散のための趣味活動を行うことです。具体的にどんな趣味が望ましいのかというと、運動やスポーツ、散歩など体を動かすことです。

もちろん、自己啓発のための読書や資格勉強でも構わないですが、普段デスクワークをしているのであればなるべく体を動かす趣味の方が、オンオフのメリハリがついているので面接担当者の受けは良いでしょう。

 

ストレス発散を行う

また、普段の仕事が清掃や倉庫内作業などの体を動かす仕事であるならば、肉体的な休養を兼ねて読書などでも構いません。このように、働いている時と違う脳の使い方をすることで、脳がリフレッシュされ非常にストレス解消にもつながるのです。

メンタル疾患者の多くがストレスに弱いことを考えると、休日には自分が楽しめる趣味を行いストレス発散するのがお勧めです。

 

まとめ

  • 面接で休日の過ごし方を聞かれることがあります。
  • 仕事を職場外に持ち出して、仕事をするのは問題です。
  • 休日には、仕事とは関係のないことをし、ストレス発散をします。