メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

多様な職歴の経歴は不利!過去の経歴で一貫性のあることを探す!

丸の中の電球のイラスト


仕事を転々としてきたジョブホッパーに限らず転職経験者の中には、一つの職種をやり続けてきたことがない、職歴に一貫性のない人というのがいます。そのような人は、転職した経験の中で何か一貫性のあることをアピールします。

 

 

 

職歴に一貫性がない理由には

過去に経験してきた仕事の業界や種類に、一貫性がない転職を繰り返している人も多いと思います。新卒時には、とりあえず大きな会社であればどこでも良かった、次の転職では、人と接したく営業職についた、そして今は一般事務で働いており、しかも業界が全てバラバラと言った具合です。

とりあえず働かなければならない焦りからや、その時その時のやりたいことをやってきたとか、優柔不断が災いした結果など様々な理由が考えられます。

 

一貫性がないのは不利

いろいろな経験をして人生経験のレベルを上げるには良いのですが、正直、応募書類の職歴欄は散々たるものだと予想され、求職活動は苦労すると思います。日本の転職市場においては、一つのことをやり続けてきた、携わってきたような人材が好まれ、このようなキャリアの持ち主は、はっきり言って不利です。

しかし、今さら過去の職歴を変えることはできませんので、何かしらアピールできることを探すしかないのです。

 

なんでも良いので一貫性を探す

この状況をどのようにプラスに持っていくかと言いますと、そのような転職を繰り返していても、一貫して取り組んだことをアピールすることです。

例えば、全ての職歴において常にマニュアル作成を行ってきた結果、新しく入ってきた人の即戦力率を上げてきた、役職はなかったが常にリーダーや管理者をサポートする立場で働いていた。体調管理だけは気をつけえおり、メンタル不調による欠勤が一回もないなど、意外なことでも構わないで、何か一貫性をアピールしましょう。

 

まとめ

  • 転職において異業種異業界の転職を繰り返してきた人は不利。
  • 日本人は一貫性のキャリアを好む傾向がある。
  • 自分の経歴の中で、一貫して取り組んできたことをアピールする。