メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

【カバーレター】応募書類の挨拶状ともいえる送付状の作成方法!

キーボードとマウスとペン


カバーレターとも言われる送付状の作成方法ですが、送付状を単なる応募書類の表紙や挨拶状とするのではなく、一段落程度ならアピールしたいことを伝えることも問題ありません。このことを踏まえて送付状の作成方法をお伝えします。

 

 

 

図解!送付状の作成方法

多くの送付状(カバーレターとも言います)はフォーマットが決まっており、これといって変化をつけることはできないと思われますが、本文にアピールを加えても問題はありません。

送付状についてネットや専門書で調べてみても、多くの送付状が同じような内容になっていますが、せっかくなので各項目について解説します。

 

送付状

1.日付

応募書類を郵送する場合のみこの送付状が必要となり、応募書類を手渡しする場合は不要になりますので、郵送の場合のみ投函日の日付を記載します。

 

2.応募先会社名・担当者名

応募先会社の正式名称を略さず記載し、その下にわかれば応募先担当者の部署名、そして最後に応募先担当者名を記載します。

担当者名に「様」をつけるので、会社名に「御中」をつける必要はなく、仮に応募先の会社名しかわからない時には、社名とその下に「ご採用担当者様」と記載します。

 

3.自分の名前等

郵便番号、住所、連絡が付きやすい電話番号、連絡がつく個人のメールアドレス、そして氏名を記載します。住所については、都道府県から記載しマンションやアパートに住んでいるのであれば、その名称も記載します。

 

4.タイトル

わかりやすく墨かっこで「応募書類送付について」と記載した文字を囲みます。

 

5.挨拶文

ビジネス文章的な役割もあるので、挨拶文を定形文で記載しますが、入れるのは「拝啓」に始まり「ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。」だけを記載し、時候の挨拶を入れたり長々と記載する必要はありません。

 

6.本文冒頭部

本文の冒頭部には、応募に至る経緯として、どこで募集を知ったのかなどを記載します。

また「本日、ハローワーク○○において、貴社の求人の紹介を受けましたのでさっそく応募させていただきました。」との文から分かるように、ハローワークで頂く紹介状の日付に対して、本日、応募書類を送付するのであれば、「本日」となりますが、紹介状を頂いた日付が投函する前日の場合は「昨日」となります。

 

7.本文

この本文欄で自分がアピールしたことや応募に対して気になっていることを記載します。

 

例文として以下のようなことを記載します。

 

  • 未経験職種への応募の場合

私は、今回の応募いたしますwebデザイナーの職種に関しては、未経験ではありますが、非常に興味のある分野でありまして、趣味のレベルではございますがHTMLとCSSを使用してサイトを作成しネット上に公開しています。ポートフォリオではありませんが、お手数ではございますが見ていただければ幸いにございます。よろしくお願いいたします。

※作成したサイトのurlを記載しておく

 

  • 長期ブランク期間がある場合

応募書類を見ていだければお分かりになりますが、私は、長期ブランク期間があります。その理由としましては、体調の長期不安定と社会に出る勇気が持てなかったことにあります。しかし、どうしても働くという社会貢献をしたく、また自分自身のためにも働きたい気持ちが強くあり、この度、貴社の○○職へ応募させていただきました。よろしくお願いいたします。

 

このようにちょっとしたアピールにこの本文欄を使うことも問題なく、最後に「敬具」を右下に記載してこの本文欄は終了です。

 

8.添付書類一覧

「記」と中央に、その下に「添付書類」と記載し、この送付状は記載せず封筒に入れるすべての書類の名称と何枚あるのかを記載します。1枚のものは1枚で構いませんが、2枚以上のものには頭に「全」と記載します。

ハローワークからの応募ではハローワーク紹介状と、対象者には助成金対象者のご案内も入れますので、記載忘れがないようにして下さい。

 

9.以上

一番下に右揃えにして「以上」と記載して終わりです。

  

まとめ

  • 送付状には、アピールしたいことを記載しても構いません。