メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

クローズ就労は不可能!面接で健康状態や通院の有無を聞かれます

 

NGの木製のブロック


障害者手帳保持者の働き方の一つである、障害を伏せて働くクローズ就労があります。しかし、このクローズ就労は、近年難しいとされています。その理由は、面接時に体調や通院について聞かれること非常に多くあるからです。

 

 

 

障害を開示するしか道はない

一昔前と比べて、メンタル疾患者が増えているせいなのか、一般枠面接の際にどこか体調の悪い所がないか、もしくは、通院をしているかを聞かれることが多くなりました。

そうなると、障害を伏せて働くクローズ就労(もしくは、クローズド就労と呼びます)というのが、出来ないことになり、障害者として就職するには、障害者枠か一般枠へ障害を開示する二通りになります。

 

嘘や改ざんはダメ

そもそもですが、多くのメンタル疾患者の経歴は、ブランク期間が長くあったり、多くあったり、短期離職を繰り返していることが多いので、その経歴で健常者を装ってクローズ就活するのは、非常に難しいと考えられます。そうなると、やはり障害者であるならば、障害をオープンにする働き方が無難です。

もちろん、職歴を改ざんすれば、きれいな応募書類が出来き、かつ通院も土曜日にすれば、クローズ就労は可能ですが、長期就労の観点から見れば、そのように嘘を付いて就職しても長続きはしないと考えられます。

その一番の理由は、嘘がバレたらどうしようと言うプレッシャーで、改ざんが発覚した場合に、非正規の場合であれば、何らかの理由をつけて契約更新がなされない可能性もあります。

 

メンタル疾患者に理解ある企業

近年、メンタル不調をきたす人が多くなっていますが、それに対して柔軟に取り組む企業も確実に増えています。嘘をついてまで働くよりは、正直に自分の障害を伝えて、それを受け入れてくれる環境で働くことで長続きができ、それが理想ではないでしょうか。

一般枠で障害をオープンにした結果、それが原因で不採用になることも考えられますが、一般枠へのオープン就活自体が採用され難いので、致し方ないことだと諦めるしかありません。

しかし確実に、企業側の障害者を受け入れる体制も、ひと昔前と比べて確実に広がっているということが言えます。

 

まとめ

  • 面接時に健康状態や通院の有無を聞かれることが多いです。
  • 正直に障害をオープンにすることが望ましいです。
  • 障害を理解してくれる企業はたくさんあります。