メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

【男性必見】何気ないネクタイの選び方一つでも採用に影響する!

ネクタイの画像


求職活動においてネクタイなど、なんでも構わないと思う人もいるかもしれませんが、ネクタイから伝わるイメージというのがあります。このイメージを使うことによって、自分をよく見せる効果が期待できるのです。

 

 

 

男性にとってネクタイは重要なアイテム

自分自身を演出し、良く見せることによって内定をもらう。これは求職活動においては常識的な考えです。証明写真には美肌加工があり、女性であればメイクによってより良く見せることも可能です。

そこで男性の加点ポイントをお伝えします。それは、ネクタイの色です。派手でなければなんでも良いと思われるかもしれませんが、適材適所、場面に応じての使い分けで自分をより良く見せることが可能です。主だった色と効果についてお伝えします。

 

レッド系

情熱的、積極的であり、ここ一番の勝負どころで使用すると良く、とても目につく色でもあります。

 

ボクは、このレッド系のネクタイをつけた証明写真を使用しています。その理由としては、数多くある応募書類の中で、他の応募者の応募書類よりも目立たせるためです。

 

イエロー系

明るい、ポジティブをイメージさせ、コミュニケーションの強さを伝えることができるとされています。

 

ボクは、メンタル疾患者のコミュニケーションが苦手というイメージを払拭させるために、このイエロー系のネクタイを締めて面接に行くことが多いです。

 

ブルー系

誠実、知的という印象から年配世代からの評価が高く、どうしてもネクタイを一つ選ぶとしたら、このブルー系です。

 

ボクは、社長面接や役員面接ではこのブルー系のネクタイを締めています。

 

グレー系

落ち着いた雰囲気を伝え、大人っぽさを演出し、緊張しがちな面接の場面では余裕を表現させることができます。

 

ボクが思うに、管理職採用では求められる色であり、一般の障害者面接ではあまり使わない色だと考えています。

 

場面場面によってネクタイは使い分ける

証明写真、合同面接会、一次面接、二次面接、そして社長や役員面接などの場面場面によってネクタイを使い分けるのも効果的なテクニックと言えます。また、柄や太さによっても効果は変わってきますので、購入時に店員さんに使用目的を伝えて選んでもらうのがベストとも言えます。

 

まとめ

  • 自分をより良く見せる手段の一つとしてネクタイ選びがあります。
  • ネクタイの色で、採用担当者に与える印象が変わってきます。
  • 場面場面に応じて、ネクタイを使い分けることです。