メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

慎重しすぎたり悩みすぎは厳禁!優柔不断にならずに就活を行う!

優柔不断のイラスト


内定をもらっても本当にこの会社で良いのか悩む慎重な人もいます。しかし、この悩みというのは採用する側からすれば、単に優柔不断であり、優柔不断にならないように事前に仕事に対する希望を明確にしておくことです。

 

 

 

人生のことだから悩んで当然ですが

多くの就活というのは、自分の将来のことであり人生を決めるとこでもあります。そうなると当然、迷いや悩みは生まれ、一度決めたことをためらったり気が変わることもあります。しかし、就活においてこれらの優柔不断はないようにしてもらいたいのが採用側の本音です。

例えばどんな優柔不断があるかというと、一度決めた面接日や入社日を後から変更することで、この程度ならばスケジュール調整ですみますが、中には内定を頂き、初出社日に辞退を申し出るケースもあります。このことに関しては、採用側は青天の霹靂(へきれき)としか言いようがありません。やむにやまれない事情であるならばいたしかたなくはありますが、出来るだけこのようなことはないようにすることです。

 

やりたいことがない

では、なぜ優柔不断になってしまうのかというと、自分のやりたいことが明確でないからです。

明確であれば優柔不断もないのですが、全て就活者はそうではなく突然出た求人に対して、この仕事なら自分にできる!この仕事なら自分の希望の条件を満たしている!という求人に対しての第一印象で応募する人もいます。そのような人の中には、話しが進むにつれて、やっぱり…と、気持ちが変わる人がいるのです。

 

自分のやりたいことを明確にする

では、優柔不断にならないためにはどうすれば良いのかというと、日頃から自分のやりたいことや出来ることなどを決めておくことです。もしくは、迷ったらとりあえずやってみる。やって無理ならまた他の仕事を探せば良いのだと軽く考えることです。

仕事は、長続きするに越したことはありませんが、そのことを強く意識しすぎるあまりに応募できる仕事がない、応募に躊躇(ちゅうちょ)してしまうのであるのも非常に問題です。試し応募したら採用され、不安はあったがとりあえず働いているうちに長続きしているというケースもあるのです。優柔不断をする位ならば、とりあえずやってみれば良いのです。

 

まとめ

  • 優柔不断は、応募先会社に対して迷惑がかかるのでないようにします。
  • 優柔不断にならないためにも、自分のやりたいことを明確にすることです。
  • 採用後に入社を迷うなら、とりあえず働いてみることです。