メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

転職のビジネスマナーとは?相手を思いやることや気配りです!

吹き出しに青いPointの文字


転職市場において色々なビジネスマナーが存在しますが、ビジネスマナーの本質というのは、相手を思いやることや相手への気配りのことです。礼儀作法なども大切ではありますが、相手のことを第一に考えて行動することはとても大切なことです。

 

 

 

ビジネスマナーと礼儀作法

ビジネスマナーの一般的な意味としては「会社員、社会人としての礼儀作法」とのことであり、服装、身だしなみ、持ち物、行動など色々あります。

詳しく解説された専門書があるので参考にするのが良いのですが、このビジネスマナーの全てを覚えるのは、正直いって難しく意味があるのかとも思えます。

 

ノックの適切な回数

例えば、面接での入室時のノックの回数ですが、2回はトイレのノックだから3回が正しい、2回の方がリズムとして良いから2回が正しいなど、専門書によって書かれていることが違います。

そのため、2回なのか3回なのか悩む方も多いと思いますが、ボクはどっちでも良いのではないかと考えます。その理由として、マナーを重んじる専門職なら別ですが、一般的な障害者雇用に置いては入室時のノックの回数は合否に関わる重大事項ではないと考えています。

ちなみに、ノックの回数は、その会社の従業員がノックをすることがあれば、その数と同じ数のノックをすれば問題ないです。

 

相手への配慮や気配り

では、ビジネスマナーとはなんなのかというと、ボクが考えるに職場や社会において相手の立場を考えた行動であり、マナーというより、相手への配慮、気配りと考えた方が簡単かもしれません。

このことは、もちろん転職活動時にも必要です。見やすいような応募書類を作成する、面接での受け答えは、面接担当者が理解しやすい受け答えをする、相手が気持ちよく思えるような立ち振る舞いをするなどです。

他の誰かと共に仕事をする環境であれば、当然、誰もが誰かに対してでも心づかいができる環境が働きやすい環境であります。ビジネスマナーの細かいことを気にしたらキリがないのは事実ですが、相手のことを思いやることや気配りを決して忘れない行動を取ることが大切です。

 

まとめ

  • ビジネスマナーは、礼儀作法だと言われています。
  • あまりビジネスマナーを気にすることはありません。
  • ビジネスマナーを、気配りや相手を思いやる心づかいです。