メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

社会的に非常識な行動によって退職してしまった職歴の伝え方は?

バツとBADの文字


メンタル疾患者に限らず、非常にマイナスな経歴がある就活者はいます。このマイナスな経歴、いわゆるブラック経歴の伝え方ですが、この経験により自分がいかに成長したのかを伝えることです。

 

 

 

ブラック経歴とは

例え伝えたくない過去があったとしても、後々のことを考えると面接で正直に伝えることがベストです。そして、その結果、今の自分はどうなのかを伝えることが大切です。過去の経歴の中で、とんでもない事をしてしまった人もいるかもしれません。

例えば、職場でトラブルを起こしてしまった、同僚ともめてしまった、もしくは仕事から逃げ出してしまったといういわゆるバックレ退職してしまったことなどのブラック経歴です。

 

反省し成長したことを伝える

面接でそこを突っ込まれたら正直に話すことが誠実さなのですが、単に、事実だけを伝えてしまったら、明らかにマイナスにしかなりません。そこで、話し方の方法としては、あの頃は未熟がゆえにそのような行動をとってしまったこと、自分が反省していること、あの頃と今の自分は違うことを伝えます。

そして、なぜ、今の自分が違うのか、どうして変われたのかを説明することが求められます。面接担当者からは、もう大丈夫なのかの念を押されますが、自信を持って「問題ございません。」と答えることが重要です。誰しも過ちはありますので、その過ちからどう成長したのか、今の自分はどうなのかを伝えることです。

 

正直に伝える

過ちを反省した結果、人間として成長したという人もいるでしょう。このような成長物語として面接担当者に伝えることできっとマイナス評価がプラス評価となります。そして、最後の締めくくりに、「今後このような事は決してしないと誓っております。」と伝えることです。

過ぎてしまった過去はどうしよもないので、それに対して現在、そして今後どう向き合えるのかが大切なのです。人間は成長する生き物であり、どんな過去であれ成長してくれたことを認めてくれる働き先はあります。下手に嘘をつかずに正直に生きることが生きやすさの一つです。

 

まとめ

  • マイナスな経歴であっても、聞かれたら正直に伝えます。
  • ブラック経歴によって、どのように成長したかを伝えます。
  • ブラック経歴によって、今はどう変わっているのかを伝えます。