メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

事前職場見学や体験実習を利用して応募先とのマッチングをみる!

カラフルなPOINTの文字


長期継続就労できない大きな理由の一つに、その会社と自分がマッチングしていないことがあります。会社とマッチングすることが大切であり、そのためには、事前職場見学や体験実習の制度を利用することです。

 

 

 

マッチングしないと長続きしない

メンタル疾患者の中には仕事が長続きできずに、すぐ辞めてしまう早期退職者や短期離職者がいます。もちろん長続きできないのは、本人の問題が考えられる一方で、そもそもその会社とミスマッチどころかアンマッチを起こしていたのかも考えられます。

仮にマッチングせず、ミスマッチのまま採用されても働き続ける中で、やっぱりこの仕事ではなく他の仕事にしておくべきだった、などと退職を考える要因やひずみのようなものが生まれます。

 

事前職場見学や体験実習

そこで、どうすればよいのかというと、初めからマッチングした会社に入社すれば良く、それには、事前に会社の職場見学や体験実習などを受けさせてもらうことです。

全ての会社が、事前職場見学や体験実習などを行なってはいませんが、就労移行支援事業所や障害者職業センターなどを利用することにより、それらをより多く受けることができます。

 

現実は厳しい

本来であるならば、障害者の長期継続就労のためにも多くの会社で、事前に会社の雰囲気がわかる制度や仕事をやらせてもらえる制度があるべきですが、手続き上の問題や会社側の都合で難しいのが現実です。

しかし、この事前職場見学や体験実習の制度がないことはないので、早期退職や短期離職を繰り返している就活者は、ぜひ利用してみることです。

 

まとめ

  • 仕事が長続きできないのは、会社とのミスマッチも考えられます。
  • 事前職場見学や体験実習の制度を利用して、ミスマッチを防ぎます。
  • 就労移行支援事業所や障害者職業センターを利用することです。