メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

面接

【面接においての運】ノウハウやテクニックでは対応できない!

面接で実際に面接担当者と会えば、それは人と人との出会いであり全ての出会いがステキなものではありません。中にはどうしても相性が合わない出会いもあり、面接ではこのようにどうしようもないこともあるのです。

【最難関の圧迫面接】採用される見込みのある応募者に行われる!

面接で一番嫌なことというのが、面接担当者の高圧的な態度や意地悪な質問などのいわゆる圧迫面接ではないでしょうか。しかし、この圧迫面接というのは、採用される見込みがある応募者に対して行われるのです。

ジョブホッパーの経歴の伝え方!複数職歴はまとめて伝えること!

ジョブホッパーや複数転職者にとって過去の職歴を話すのは苦痛であり、答えるのに時間を要する質問であります。この複数職歴の答え方のコツとしては、まとめて伝えてしまうことです。

一番伝えることは!長続きして貢献してくれる人材を求めている!

障害者採用面接において、応募者が一番伝えるべきことというのが長続きしたいということです。メンタル疾患者の定着率は低く、応募先は元気に長続きしてくれる人材を求めており、長続きすることが一番の貢献とも言えます。

発達障害のコミュニケーション!解決策はPREP法で話すこと!

発達障害者の中には、話が止まらなくなる特性のある人がいます。話が止まらないというのは聴く側にすると非常に不快になるので、この場合のコミュニケーション対策をお伝えします。

面接で使うべき話し方は結論から始まり結論で終わるPREP法!

面接では長々と話さないことが求められ、結論から話すPREP法を使うことにより、聞き手は理解しやすく良い印象を与えると言われています。このPREP法を使うことができればそれに越したことはないでしょう。

面接日当日までには絶対やること!面接場所や就業場所の下調べ!

書類選考が通り面接の話しが出された場合に事前にやっておくことが、面接場所や就業場所の下調べです。これには、3つのメリットがあります。まずは、当日に面接場所まで迷わない為で、面接で遅刻するというのはかなりのマイナスに繋がります。

面接担当者を恐れずに好きになることで採用されやすくなります!

面接においては、応募書類の情報や応募者自身から伝わるイメージやコミュニケーション能力以外にも、面接担当者の好みが採用に関わることがあります。そのため、面接担当者を嫌わずに好きになることが求められます。

発言前の「あっ」はNGです!口癖や言葉使いは絶対に直します!

面接において丁寧な言葉遣いをすることはもちろんですが、口癖にも気を付ける必要はあります。話す前に「あっ」とつけたり、「でも」「だって」「だから」や「私的」の「的」や「なるほど」もNGです。

面接では注意されることもある!決して腹を立てて言い返さない!

いろいろな会社があるため、いろいろな面接担当者がいます。中には、ブラック色が強くハラスメント的な面接を行う面接担当者もいて、面接において注意されてしまうこともありますが決して言い返さないことです。

【面接対策】話すのが苦手ならばそのことを先に伝えましょう!

なんでも出来る人というのは存在せず、応募者の中には面接を苦手とするコミュ障の人もいます。その際には、コミュニケーションが苦手であることを免罪符にして面接を受けてしまうのです。

面接練習に最適な場所は読書会!話を聞くこと伝えることの訓練!

面接の練習をしたいが、そのような場はなかなかないのが事実です。しかし、読書会であれば面接の練習をすることができます。緊張感の中、人の話を聞く、自分の言葉を伝えることができるのです。

【面接で話が違う】考える時間を少し頂いてから答えを出します!

面接の場で、応募条件と違う話をされてしまうことがあります。そもそも応募段階では、求人情報からしか応募条件を確認できず、その情報が少ないことが面接で話しが違う原因の一つです。この場合は、考える時間を頂くことが正解です。

仕事で楽しかったこと?その答えがあれば長期継続就労できます!

仕事はつまらないものであり、特に障害者雇用の仕事は単調単純作業で面白みがありません。しかし、仕事に対して面白みを見つけることにより、面接担当者の仕事で一番楽しかったことへの質問に答えることができます。

管理職の経験や人材マネジメントなどのキャリアのアピール方法!

以前の職場で管理職であったり人材マネジメントの経験がある応募者というのはいます。この場合は、是非ともこれらの経験を面接においてアピールします。このアピールの方法をお伝えします。

6つの想定質問!模擬面接だけではなく自分一人でも練習はする!

ぶっつけ本番で面接に挑むというのは、非常に無謀ではあります。そこで面接前にやることというのは、模擬面接だけではなく、6つの想定質問を完璧に答えられるように、自分一人であっても練習することです。

面接で求められる挨拶とは?話した後に頭を下げる語先後礼です!

面接で求められる挨拶というのは、丁寧さが非常に伝わる、話した後に頭を下げる語先後礼です。挨拶というのはコミュニケーションの基本でもあるので、面接が苦手であっても、この語先後礼だけはしっかりとやり挨拶ができることは伝えます。

面接担当者は応募者だけを見ているのではなく全てを見ています!

面接で見られているのは、あなた自身だけではありません、あなたがあまり意識をしていない、服装、革靴、カバン、腕時計も見られています。特にお伝えしたいことが、多くの人があまり気にしない所である、革靴と腕時計です。

つじつまが合わない!面接担当者は些細な違いに必ず気づきます!

面接で応募者は、内定をもらうためによく見せよう、よいことを伝えようとする傾向があります。これはアピールとして決して間違いではないのですが、嘘になってしまうのはよろしくなく、面接担当者が応募者の些細な違いに敏感に気づきます。

【表情、姿勢、視線、体の向き】面接担当者に好印象を与える!

応募者が面接で気をつけるのは、表情、姿勢、視線、体の向きなどありますが、これらをきちんとやることで面接担当者に好印象を与えることができますので、普段から意識してやることが必要です。

広く浅くではない!狭く深い人との関わり合いを伝えることです!

面接において他の人との関わりを伝える際には、広く浅い関わりよりも、深く狭い関わりを伝えます。そもそもなぜ人との関わり合いを話すのかというと、そこから協調性、社会性、コミュニケーション能力の有無がわかるからです。

面接担当者が知りたい質問禁止事項はあえて応募者から伝えます!

面接において、応募者に聞いてはいけない質問禁止事項がありますが、面接担当者としては気になることもあります。そこで応募者は、あえてこの気になる質問禁止事項を話してしまい、面接担当者の気がかりを解消するのです。

【圧迫面接】攻撃されていると思わない!前向きに捉えること!

面接担当者が圧迫面接をした、攻撃的だったなどの話しはよくありますが、中には応募者の被害的な思いが強いケースもあります。社会に出るということは、ある程度のストレス耐性が求められるのです。

【面接受け答え】「強み」と「弱み」の答え方!継続をアピール!

面接において応募者の得意とする強みと苦手とする弱みを聞かれることがあります。誰にだって強みと弱みはあるものであり、弱みはありませんと答えるのは間違っています。この強みと弱みの答え方についてお伝えします。

面接の緊張を事前に解消するために「わからない」を少なくする!

面接で緊張する理由の一つに、歳の離れた面接担当者の存在が挙げられます。これを解決するには、当時の不安となる「わからない」を事前になくすこと、そして、多くの面接担当者の年代と思われる層に免疫を作っておくことです。

面接では何でも安易に受け入れない!答えには時間をもらいます!

面接で内定欲しさのあまりに、なんでも面接担当者の言いなりになってしまう人もいますが、めでたく採用されても、このことが仕事が続かない原因になり、安易に受け入れないことが大切です。

誰にも相談せずに仕事を辞める!この行為はNG行動になります!

仕事を辞める際に、自分で勝手に「辞めます」というのは社会人としてNGとされており、前職を誰にも相談せずに辞めたということを面接担当者は良く思いません。そして今後、安易に仕事を辞めないことが求められます。

視覚と聴覚による2つの第一印象を意識して面接に臨むことです!

面接において採用するかしないかの判断基準には、応募者の第一印象も関わってきます。この第一印象ですが、視覚による第一印象と聴覚による第一印象があります。このことを意識して面接に挑むことが重要とされています。

面接中の失敗は上手な仕切り直しでマイナスもプラスになります!

面接で一つミスをしてしまっても決して終わりではありません。面接で失敗することもあり、そのことは面接担当者も理解しています。失敗した際には、焦らずに発言したことを、上手に仕切り直すことが必要になってきます。

面接では裏付けのある熱意を持って答えることが求められます!

就活においては、熱意を伝えアピールすることが大切ですが、この熱意に対してきちんと裏付けのある熱意を伝えることが当然であり、裏付けがないと面接担当者には熱意は届きません。