メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

応募書類

【応募書類】書ききれないほどの職歴は一般的にどう対処するか?

多数転職者となると、履歴書に書ききれない程の職歴を抱えています。これをどうするかの答えは十人十色であり明確ではありませんが、そもそも応募書類には法的効力はないので虚偽のないように上手に記載することです。

どこにでも通用するオールマイティーな応募書類は存在するのか?

オールマイティー型というのか、どこにでも通用する応募書類というのはあり得ません。応募先一つ一つに対して企業研究をして作成した応募書類を提出することが内定に至る条件と言っても過言ではないのです。

必見!多数転職者であるジョブホッパーの職務経歴書の作成方法!

多数転職者の職務経歴書は、そのまま作成すると職歴だらけになり何枚もの職務経歴書ができてしまいます。そうならないためにはどうやって作成すれば良いのか、その作成方法をお伝えします。

キャリア式職務経歴書はジョブホッパーにとって有利になります!

職務経歴書は、一般的には編年式と言われる職歴の古い順から記載する方式を使うことが多いのですが、転職回数が多いジョブホッパーには、キャリア式職務経歴書が向いていると言われています。このキャリア式職務経歴書の作成方法についてお伝えします。

職務経歴欄にはどんな貢献をしたのかのアピールを記載すること!

職務経歴書にある職務経歴欄ですが、単に何をしましただけでは、はっきり言って採用担当者はあまり応募者のことを理解できません。そこでアピールとして何を学んだのか、どんなことを習得したのか、そして貢献したことを記載します。

職務経歴書で採用担当者が一番初めに見るところは職務要約です!

職務要約と呼ばれる、職務経歴書の一番上に記載する短い段落があります。応募者の職務経歴をコンパクトにまとめた、この職務要約は非常に大切であり、採用担当者は、まずはこの職務要約に目を通してから全体を読むことになります。

障害者雇用に必須の応募書類!健康状態・障害の詳細の作成方法!

障害者特有の応募書類である健康状態・障害の詳細は、現在の健康状態や自身の障害名、そして必要な合理的配慮などを記載した重要な書類になります。最近は、会社が応募の段階で、応募書類と一緒に障害や必要な合理的配慮について求める傾向があります。

【カバーレター】応募書類の挨拶状ともいえる送付状の作成方法!

カバーレターとも言われる送付状の作成方法ですが、送付状を単なる応募書類の表紙や挨拶状とするのではなく、一段落程度ならアピールしたいことを伝えることも問題ありません。このことを踏まえて送付状の作成方法をお伝えします。

ブランク期間とは採用担当者が応募者の経歴の中で気にする項目!

そこに書かれている情報だけで、採用担当者が応募者のことを判断します。それが応募書類です。そのため、なるべくなら見栄えの良い応募書類にしたいところであり、その一つの方法としてブランク期間を目立たなくすることが求められます。

職務経歴書の作成方法!就労経験がある人に絶対必要な応募書類!

精神・発達障害者の中には全く働いた経験のない未就労者もいる反面、働いた経験がある就労経験者もいます。この就労経験者に絶対必要な応募書類というのが、過去や現在の職歴の詳細を記載する応募書類である、職務経歴書です。

職務経歴書は5種類あります!キャリアにあったものを使います!

応募書類の一つである職務経歴書、これは働いた経験がある人が作成するもので、5つの種類があります。この5つの中から自分のキャリアに合った職務経歴書を使うことによって、自分の職歴を良く見せることができます。

履歴書の右側は自己アピールに使える!履歴書の右側の作成方法!

履歴書の右側は、採用担当者に対しての自己アピールに使えるため、人それぞれによってある程度形式が変わります。履歴書の右側をどうやって作成することにより、アピールできる履歴書になるのかその方法をお伝えします。

履歴書はどうやって作成すればいいのか?履歴書の左側の作成方法

履歴書をパソコンで一から作成する方法がわかならい。もちろんネット上にある履歴書をダウンロードして使ってもいいのですが、それが自分自身をアピールできる履歴書になるとは限りません。そこで、今回は履歴書の左側の作成方法をお伝えします。