メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

就活

【長期継続就労に向けて】4つの視点から仕事を探すことです!

ボクのようなジョブホッパーの人は、仕事はすぐ決まりますが長続きしないのが欠点であり、就活の際には長続きできる仕事を探すことが求められます。この長続きできる仕事の探し方をお伝えします。

メンタルの安定!求職活動中であることは家族に伝えることです!

求職活動中とは非常に大きなストレスがかかります。そのため、他のストレス要因になることを徹底的に軽減することが望ましいです。そこで、必ず家族には就活中であることを伝え、余計な小言を言われないようにすることです。

発達障害者やメンタル疾患者が働く上で必要なのが素直さです!

就労経験がない、または転職を繰り返している、発達障害者やメンタル疾患者であっても確実に採用される人がいます。その人たちが持っている要素の一つには素直さがあります。この素直さというのは働く上で最も必要なことなのかもしれません。

求人票の第一印象で決める!応募するか迷ったら運や感を信じる!

応募先の情報は、求人情報とその応募先のホームページが主になります。これらの情報からでは、本当にその応募先と自分がマッチングするかはわからないのですが、基本、マッチングするかしないかは第一印象が大きく影響します。

【HSP】過敏な人は絶対に事前職場見学や体験実習を行うこと!

HSPやその傾向がある過敏な人の中には、入社の早い段階でつまずき、早期退職を繰り返してしまう人がいますが、そうならないためにも、事前職場見学や体験実習を受けて少しでも気になる部分を減らしておくことです。

新しい就労スタイル!訓練を受けながら有期雇用社員として働く!

就労移行支援事業所と同じ内容の訓練を受けながら、有期雇用契約社員として雇用される働き方があります。当然、給料の支給や社会保険の加入もあり、今後、このような訓練スタイルが増えていくのではないかという期待感があります。

就活のモチベーションを保つには?就職がゴールではありません!

就活中はどうしてもモチベーションが落ちてしまうこともあります。その時に考えて欲しいことは、就職して何をしたいのか何を得たいのかということであり、就職をゴールとしないことが大切です。

障害特性を必ず理解する!自分が必要とする合理的配慮を伝える!

メンタル疾患者の就活において自己分析は当然必要になってきますが、その自己分析において一番大事なのが、自分の障害特性を理解することです。自分の障害特性を理解することによって、働く上でどんな合理的配慮が必要になってくるのかが分かるのです。

就活と婚活は非常に似ています!しかし大きな違いがあります!

よく就活と婚活は同じだと言う声を聞きますが、決定的な違いがあります。婚活では一緒に生活する人が事前にどんな人かわかりますが、就活においてはほとんどの場合一緒に仕事をする上司や同僚や先輩と一度も顔合わせをすることがありません。

採用調査!障害者雇用でもバックグラウンドチェックはあります!

バックグラウンドチェックとは採用調査、雇用調査とも呼ばれるもので、採用後や採用選考時に応募者の過去の経歴に虚偽や問題がないかを調査をすることです。このバックグラウンドチェックは障害者雇用でもあります。

多様な職歴の経歴は不利!過去の経歴で一貫性のあることを探す!

仕事を転々としてきたジョブホッパーに限らず転職経験者の中には、一つの職種をやり続けてきたことがない、職歴に一貫性のない人というのがいます。そのような人は、転職した経験の中で何か一貫性のあることをアピールします。

仕事を辞めたい!転職を決めたらダラダラと活動はしないこと!

どうしても仕事が辛い、仕事を辞めたい、そんな状況でダラダラと仕事をした結果、体調を悪くするようなことになるのであれば、転職も一つの手段であり、転職を決めたらすぐ行動することです。

障害者雇用での学歴は?入社後のステップアップで関係するかも?

障害者雇用や一般枠中途採用においては、学歴はさほど重要ではありませんが、働いてから学歴が影響することがあります。それは、入社後の非正規からの正規職転換へ一つの指標になることが考えられます。

就活においての優柔不断はNG!覚悟と志を持って応募すること!

気になる求人が出た場合は、早期に気になる点を解決し応募するからには、ある程度の覚悟と志を持つこと。そして、優柔不断や悩みごとはなるべくないようにすることが求められ、内定をもらってからも悩むようなことのないようにすることです。

採用担当者は発達障害について「よくわからない」のが事実です!

発達障害者が雇用されにくい大きな理由というのは、採用担当者が発達障害に対しての理解不足、つまり「発達障害がよくわからない」ということです。そこでよくわからないと思っている相手へ、自分のことを伝えるには一言でいうとスマートさが大切です。

自己アピールとは異なる!大胆なアイデア出しなどはしないこと!

就活においては、自分をアピールすることも必要にはなりますが、応募先に対して課題でもないのに、大胆な提案を示さない注意が必要になってきます。特に経営方針や行動指針に対しては絶対に異論を唱えてはいけません。

高賃金だけに目を向けてはいけない!低賃金求人でも応募しよう!

仕事を探す上で重要なファクターとなる賃金ですが、就活では高賃金ばかりに目を向けるのではなく、低賃金の求人でも応募する価値は十分あります。お金は後でついてくるものと割り切って働くことも必要です。

内定者が辞退した?即再掲載求人へ再応募をする価値はあります!

応募したが残念ながら不採用になり求人も消えてしまうが、その後、その消えた求人が即再掲載されるケースがありますが、もし入社意欲があるのなら、ためらう事なく再応募することです。

元管理職の就活で求められることはプライドを捨て貢献すること!

前職は管理職だったけど、体調を崩して障害者雇用の一従業員として働くことになる。このケースはよくあり、その人の就活の方法とは、プライドを捨て管理者経験によってどのように成長したのかを伝えます。

メンタル疾患者がする就活はさまざま!障害の理解だけはします!

メンタル疾患者の経歴はさまざまであり、それに伴いどんな求職活動を行なっていくかも変わってきます。しかし、どのような経歴があっても障害者であれば障害についてのことをきちんと理解し伝えることが求められます。

メンタル疾患者が意識するのは「明るい」「謙虚」「努力」です!

就活で求められる人材の多くは、真面目で第一印象がよいでありますが、このことは基本中の基本であります。より具体的にどのような人材、どのようなメンタル疾患者を求めているのかというと、「明るい」「謙虚」「努力」この3つを求める傾向は高いです。

就活で誰もが利用できる支援者としてハローワーク職員がいます!

就職活動において、自分一人で問題なくできるという人もいれば、誰かの支援を受けたいと思う人もいます。そんな方が利用できる支援者というのがハローワークの職員です。このハローワークの職員への支援の関わり方についてお伝えします。

慎重しすぎたり悩みすぎは厳禁!優柔不断にならずに就活を行う!

内定をもらっても本当にこの会社で良いのか悩む慎重な人もいます。しかし、この悩みというのは採用する側からすれば、単に優柔不断であり、優柔不断にならないように事前に仕事に対する希望を明確にしておくことです。

【プライベートの充実】障害者雇用で働くなら余暇を楽しむこと!

障害者雇用で働くということは、高収入の生活を諦めるということでもあります。その反面、仕事に束縛される時間は少なくなります。そこで、障害者雇用で働くのであればプライベートを充実させることが大切です。

条件をクリアした応募者に求めるのは変化に対応できることです!

企業側がメンタル疾患者に求めるのは、長続きではありますが、もちろん長続きだけをしてくれれば良いというわけでもありません。企業側が他にどんな人材を求めているかというと、その一つが変化に対応できることです。

【PREP法】文章はテンプレートを使用して作成することです!

志望動機や、自己PRなどを書く時に、支離滅裂の文章になってしまったり何を伝えたいのかわからなくなってしまうことなどありませんか、その時に役立つのが文章の型、「文章のテンプレート」です。

【未就労者の就活】働いたことが全くなくても社会復帰はできる!

メンタル疾患者に限らず、何かしらの理由によって社会人経験が全くない人もいます。このような人たちは一生社会に出られないということはなく、順序よく社会と関わっていくことで必ず働くことが可能です。

就活で必要な情報とは?誰が発信したかわかる責任のある物です!

昔であれば応募先や就活に関する情報は書籍くらいしかありませんでしたが、最近は情報社会ということもあり、多くの情報が発信されています。その玉石混交とも言われる情報の中では、より責任のある情報を頼りにすることが求められます。

複数の長所があったとしてもアピールポイントは一つに絞ります!

就活において自己分析の結果、長所を見つけ応募先へアピールすることは大切です。しかし、自分の長所がいくつか思いつき、あれもこれもできますとアピールするよりは、このことは得意です、このことは誰にも負けませんとする伝え方がベストです。

不採用の会社には二度と応募できないのか?入りたいなら再応募!

どうしても入りたい応募先があっても、やはり不採用になることはあります。しかし、その応募先とはそれっきりの関係にせず、どうしても入りたい気持ちが強くあるのであれば再応募してみることです。不採用先には二度と応募できない理由などはありません。