メンタル疾患者就活応援ブログ

発達障害七転び八起き

WordPressへ引っ越します。

このブログをワードプレスへ移転します。

ひとまず終わりです。

最後にお伝えしたいことがあります、ライフ的なことになりますが、人生50年生きて来て何が大切かが少しわかりました。その大切な3つのことをお伝えします。

【長期継続就労のメリット】仕事を転々とするよりも楽な生き方!

就活の最終目標は、長期継続就労です。しかし、単に長期継続就労が良いと言われても意味がわからない人もいるかもしれません。そこでボクが考える長期継続就労のメリットをお伝えします。

【面接においての運】ノウハウやテクニックでは対応できない!

面接で実際に面接担当者と会えば、それは人と人との出会いであり全ての出会いがステキなものではありません。中にはどうしても相性が合わない出会いもあり、面接ではこのようにどうしようもないこともあるのです。

【逆質問】あえて質問をしない!最後に入社意欲を確実に伝える!

面接の最後のアピールポイントとして最後の質問、いわゆる逆質問がありますが、ここで単に質問と称してアピールするのではなく、応募先が一番懸念していることに対して問題ないことを伝えます。

【長期継続就労に向けて】4つの視点から仕事を探すことです!

ボクのようなジョブホッパーの人は、仕事はすぐ決まりますが長続きしないのが欠点であり、就活の際には長続きできる仕事を探すことが求められます。この長続きできる仕事の探し方をお伝えします。

【最難関の圧迫面接】採用される見込みのある応募者に行われる!

面接で一番嫌なことというのが、面接担当者の高圧的な態度や意地悪な質問などのいわゆる圧迫面接ではないでしょうか。しかし、この圧迫面接というのは、採用される見込みがある応募者に対して行われるのです。

メンタルの安定!求職活動中であることは家族に伝えることです!

求職活動中とは非常に大きなストレスがかかります。そのため、他のストレス要因になることを徹底的に軽減することが望ましいです。そこで、必ず家族には就活中であることを伝え、余計な小言を言われないようにすることです。

ジョブホッパーの経歴の伝え方!複数職歴はまとめて伝えること!

ジョブホッパーや複数転職者にとって過去の職歴を話すのは苦痛であり、答えるのに時間を要する質問であります。この複数職歴の答え方のコツとしては、まとめて伝えてしまうことです。

一番伝えることは!長続きして貢献してくれる人材を求めている!

障害者採用面接において、応募者が一番伝えるべきことというのが長続きしたいということです。メンタル疾患者の定着率は低く、応募先は元気に長続きしてくれる人材を求めており、長続きすることが一番の貢献とも言えます。

発達障害者やメンタル疾患者が働く上で必要なのが素直さです!

就労経験がない、または転職を繰り返している、発達障害者やメンタル疾患者であっても確実に採用される人がいます。その人たちが持っている要素の一つには素直さがあります。この素直さというのは働く上で最も必要なことなのかもしれません。

求人票の第一印象で決める!応募するか迷ったら運や感を信じる!

応募先の情報は、求人情報とその応募先のホームページが主になります。これらの情報からでは、本当にその応募先と自分がマッチングするかはわからないのですが、基本、マッチングするかしないかは第一印象が大きく影響します。

逆質問は無意味な質問をして面倒な存在だと思われないことです!

面接とは限られた時間で、面接担当者がどんな会社なのか、そして応募者がどんな人間なのかを伝え合い、最後の逆質問では、どうしても気になることを質問しますが、この時にどうでも良い無意味な質問を決してしないようにすることです。

発達障害のコミュニケーション!解決策はPREP法で話すこと!

発達障害者の中には、話が止まらなくなる特性のある人がいます。話が止まらないというのは聴く側にすると非常に不快になるので、この場合のコミュニケーション対策をお伝えします。

【HSP】過敏な人は絶対に事前職場見学や体験実習を行うこと!

HSPやその傾向がある過敏な人の中には、入社の早い段階でつまずき、早期退職を繰り返してしまう人がいますが、そうならないためにも、事前職場見学や体験実習を受けて少しでも気になる部分を減らしておくことです。

新しい就労スタイル!訓練を受けながら有期雇用社員として働く!

就労移行支援事業所と同じ内容の訓練を受けながら、有期雇用契約社員として雇用される働き方があります。当然、給料の支給や社会保険の加入もあり、今後、このような訓練スタイルが増えていくのではないかという期待感があります。

面接で使うべき話し方は結論から始まり結論で終わるPREP法!

面接では長々と話さないことが求められ、結論から話すPREP法を使うことにより、聞き手は理解しやすく良い印象を与えると言われています。このPREP法を使うことができればそれに越したことはないでしょう。

就活のモチベーションを保つには?就職がゴールではありません!

就活中はどうしてもモチベーションが落ちてしまうこともあります。その時に考えて欲しいことは、就職して何をしたいのか何を得たいのかということであり、就職をゴールとしないことが大切です。

面接日当日までには絶対やること!面接場所や就業場所の下調べ!

書類選考が通り面接の話しが出された場合に事前にやっておくことが、面接場所や就業場所の下調べです。これには、3つのメリットがあります。まずは、当日に面接場所まで迷わない為で、面接で遅刻するというのはかなりのマイナスに繋がります。

面接担当者を恐れずに好きになることで採用されやすくなります!

面接においては、応募書類の情報や応募者自身から伝わるイメージやコミュニケーション能力以外にも、面接担当者の好みが採用に関わることがあります。そのため、面接担当者を嫌わずに好きになることが求められます。

障害特性を必ず理解する!自分が必要とする合理的配慮を伝える!

メンタル疾患者の就活において自己分析は当然必要になってきますが、その自己分析において一番大事なのが、自分の障害特性を理解することです。自分の障害特性を理解することによって、働く上でどんな合理的配慮が必要になってくるのかが分かるのです。

時給制だけではない!会社や雇用契約により多様である賃金形態!

働く上で大事なのは賃金になります。この賃金の形態ですが、時給制や月給制などありますが、それらがどのような仕組みになっているかを知っておく必要はあります。そこでこの賃金形態についてお伝えします。

発言前の「あっ」はNGです!口癖や言葉使いは絶対に直します!

面接において丁寧な言葉遣いをすることはもちろんですが、口癖にも気を付ける必要はあります。話す前に「あっ」とつけたり、「でも」「だって」「だから」や「私的」の「的」や「なるほど」もNGです。

就活と婚活は非常に似ています!しかし大きな違いがあります!

よく就活と婚活は同じだと言う声を聞きますが、決定的な違いがあります。婚活では一緒に生活する人が事前にどんな人かわかりますが、就活においてはほとんどの場合一緒に仕事をする上司や同僚や先輩と一度も顔合わせをすることがありません。

採用調査!障害者雇用でもバックグラウンドチェックはあります!

バックグラウンドチェックとは採用調査、雇用調査とも呼ばれるもので、採用後や採用選考時に応募者の過去の経歴に虚偽や問題がないかを調査をすることです。このバックグラウンドチェックは障害者雇用でもあります。

応募先にも悩みはある!解決できる人材であることを伝えます!

応募先も悩みを抱えていることがあります。その悩みに応えられる人材こそが、応募先が求める人材でもあるのです。応募先の悩みを面接の逆質問で聞いてしまい、それに応えられる人材であることをアピールします。

面接では注意されることもある!決して腹を立てて言い返さない!

いろいろな会社があるため、いろいろな面接担当者がいます。中には、ブラック色が強くハラスメント的な面接を行う面接担当者もいて、面接において注意されてしまうこともありますが決して言い返さないことです。

多様な職歴の経歴は不利!過去の経歴で一貫性のあることを探す!

仕事を転々としてきたジョブホッパーに限らず転職経験者の中には、一つの職種をやり続けてきたことがない、職歴に一貫性のない人というのがいます。そのような人は、転職した経験の中で何か一貫性のあることをアピールします。

【面接対策】話すのが苦手ならばそのことを先に伝えましょう!

なんでも出来る人というのは存在せず、応募者の中には面接を苦手とするコミュ障の人もいます。その際には、コミュニケーションが苦手であることを免罪符にして面接を受けてしまうのです。

面接練習に最適な場所は読書会!話を聞くこと伝えることの訓練!

面接の練習をしたいが、そのような場はなかなかないのが事実です。しかし、読書会であれば面接の練習をすることができます。緊張感の中、人の話を聞く、自分の言葉を伝えることができるのです。